妊婦さんは公費を使って定期検査を受けよう

元気な赤ちゃんを安全に産むためにも、妊娠したら健康検査を定期的に受けるのが大切です。本来、この検査料は自分で支払うことになる訳ですが、板橋区民なら一定額を助成してもらえます。板橋区では妊娠届書を受理して母子健康手帳を交付する際、それと併せて妊婦さん向けの受診票も出しているのです。具体的には健康検査の受診票が14枚、子宮頸がんの検査票が1枚、そして超音波の検査票が1枚となっています。通常の定期検査なら14回も助成金を使って受診できるため、かなりお得なサービスです。公費で負担してくれる金額は個々で違い、1回目の健康検査は10,850円、2回目から14回目は5,070円となります。金額は年度によって変わる可能性もあるので、区の公式ページで最新の助成額をチェックすると良いでしょう。ただし、この受診票を利用できるのは都内の指定医療機関に限られますから、故郷に帰って地元の病院で検査を受ける時は使えません。ところが、板橋区ではそんな区民のために、里帰り出産向けの助成制度も用意されています。手続きの期日は出産から1年なので、産まれた赤ちゃんが0才のうちに申請しておきましょう。申請場所は板橋や上板橋などの各健康福祉センターであり、印鑑と必要書類を添えて窓口で手続きすればOKです。基本的に窓口での申請となりますが、故郷で過ごし、しばらく板橋の自宅に戻る予定がないなど、事情がある際は郵送でも受け付けてくれます。

新着記事リスト